• 古賀ヤスノリ イラスト

    『シェイプ・オブ・ウォーター』

     児発話障害を持つ女性と半漁人のラブストーリー。言葉を話せない主人公は、言語に支配されない純粋な心の持ち主。そして現地では神と崇められる半漁人は、規格外で社会から拒絶される“英雄”(ジョゼフ・キャンベル)として見ることが…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『ブレードランナー 2049』

     1982年制作『ブレードランナー』の続編。レプリカント(労働力として生産されたアンドロイド)を殺害する役目を負った“ブレードランナー”の物語。歴史的な傑作の続編という不利な条件でありながらも、見事にドゥニ・ヴィルヌーヴ…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『ダークナイト』

     クリストファー・ノーランが描く世界には「善悪」という単純な二項対立がない。正義(バットマン)と悪(マフィア)という対立軸に「狂気」(ジョーカー)が加えれらる。「狂気」という全てのルールを無視する存在が、悪をも翻弄してい…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『複製された男』

     ある日、映画のなかに自分そっくりの人物を発見する主人公。その人物は、自由奔放な生活を送る「もう一人の自分」であった。2人の遭遇はお互いの妻をも巻き込みながら、意表をつくラストへと吸い込まれてゆく。 注目の奇才、ドゥニ・…

  • 古賀ヤスノリ 

    『ロストチルドレン』

     一つ目族なるカルト教団によって、街から連れ去られる子供たち。 弟を連れ去られたサーカスの怪力男は、子供窃盗団の少女ミュエットと共に弟の捜索へと向かう。 世界的にヒットした「アメリ」の監督、ジャン=ピエール・ジュネが作り…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『宇宙戦争』

     地底から現れた巨大マシン。それは遠い昔に宇宙人によって埋められたものだった。科学の差によって圧倒される人間たち。なすすべなく逃げまどう中、少しずつ宇宙人の目的が 明らかとなっていく。 この映画はH.G.ウェルズの同名小…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『ゼイリブ』

     人々に気づかれずに社会を支配するエイリアンたち。彼らは権力の中枢に忍び込み、巧妙な手口で人々を洗脳する。主人公は、ある特殊なサングラスをかけることによってその事実を知る。そして無謀とも思える戦いに挑むのである。 映画の…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『遊星からの物体X』

     宇宙から飛来した謎の物体X。それは他の生物に接触し、姿をそっくりに変えることができる。 そんな物体Xと遭遇した南極観測隊は、仲間が物体Xではないかという疑心暗鬼の中、過酷な戦いを迫られる。 「見た目は本物であっても、中…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『デューン/砂の惑星』

     フランク・ハーバートの傑作小説の映画化。一般にリンチの大失敗作といわれている映画だが、はたしてそうであろうか。もちろん最終編集権のなかったリンチにとっては悔しい出来だとおもう。しかしフィルムをどう切り取り、どう並べたと…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『ストーカー』

     「ゾーン」と呼ばれる立ち入り禁止区域。そこには願いが叶うとされる部屋がある。案内人”ストーカー”は、作家と科学者を連れて「ゾーン」へ向かう。しかし、政府の厳重な警備と「ゾーン」そのものの性質により事態は予測不能な方向へ…