• 古賀ヤスノリ イラスト

    『氷の国のノイ』

     氷の国アイスランドの高校生、ノイ。夢もなく、勉強や努力も放棄したまま過ごす日々。積極性は皆無であるが、反発とニヒルな態度は一人前。そんな彼は、自分だけの地下室にこもり、南国に夢を見る。そして理想と現実の距離を、稚拙な方…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『カッコウの巣の上で』

     刑務所の強制労働から逃れるために、精神異常を装う主人公。彼が精神病院で見たものは、薬物治療と婦長に怯える患者たちだった。婦長の圧政に反撥した主人公は、病院からの逃走を図ろうとする。 この映画の面白い所は、病院内の人間関…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『フィツカラルド』

     主人公フィツカラルドは、アマゾンの奥地にオペラハウスを建設するという夢を持っていた。 しかしそれは莫大な費用がかかる夢であり、常識を超えた発想であった。 彼は資金を捻出するため、とてつもない計画を立てそれを実行しようと…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『バートン・フィンク』

     主人公はニューヨークでは名の知れた劇作家。その才能を認められてハリウッドへ呼ばれる。しかしそこで命じられたのは、「B級レスリング映画」の脚本だった。理想を捨てるよう迫られた主人公は、脚本執筆が困難となってしまう。そして…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『パードレ・パドローネ』

     厳格な父の圧政によって抑圧状態にあった少年。かれは小学校から連れ出され羊飼いにさせられる。文盲のまま育った主人公は、やがて徴兵によって父親から解放される。そして言葉をむさぼるように覚えて行くのであった。 これはイタリア…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『ライフ イズ ベースボール』

     劇作家である主人公が勝負をかけた舞台。その初日に”皆殺しの天使”と呼ばれる批評家がやってくる。 しかもその日は、崇拝するレッドソックスのワールドチャンピオンがかかった日。彼は舞台の初日から逃避するように、バ…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『軽蔑』

     難解と言われるゴダールの映画。しかしこの「軽蔑」は比較的にシンプルでわかりやすい。ある脚本家が映画製作に携わり、 その過程で精神が崩れはじめる。それは私生活へも影響を及ぼしていく。ゴダールの当時の私生活がそのまま演出に…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『孤独の報酬』

    「ifもしも」で知られるリンゼイ・アンダーソン監督の長編映画一作目。身の丈に合わない女性を我が物にすべく、炭坑夫からラグビー選手へと転身する男。しかし階級という見えない構造はそれをゆるさない。 この映画は丁寧な心理描写と…

  • 古賀ヤスノリ イラスト

    『狼たちの午後』

     銀行強盗に走る主人公。労働者階級の苦悩が引き金となって起きた事件は、少しずつ人々の共感を生んでいく。それは人質になった銀行員とて例外ではなかった。 格差が引き金となった事件があとを絶たない現代。この映画のメッセージは今…