『選択の恣意性』

古賀ヤスノリ イラスト

 世界にある途方もない情報の数々。そのなかから私たちは生活に必要な情報を集め、意味づけし、そこに法則を見出ながら生きています。これはネットや印刷物、テレビなどの情報に限らず、人々の身振りや行動、集団の方向や事件の起きかたに至るまで、すべてを情報として利用しています。
世界の情報は無限と思えるほどにある。よって、すべてを捉えることは出来ません。自分に必要なものだけを拾い、それ以外を無視することで、ようやく情報を自由に扱えるようになります。つまり人は情報を何気に拾っているようで、実際は目的にそって拾っている、あるいはそれ以外を捨てている。これを「選択の恣意性」と呼ぶ事にします。
 この「選択の恣意性」は、その人の目的によって決まる。たとえば、帽子屋で「赤い」帽子が欲しいから「探す」。これが一般的な「目的と選択」の関係です。しかし、ここでいう「選択の恣意性」とは、見ていないようで見ている街路樹や人の身振り、事件が起きたときにそれを解釈する視点、といったほとんど無意識と呼べる情報選択のことです。これらは「無意識に設定されている目的」によって条件づけられています。
「選択の恣意性」は「無意識の目的」によって条件づけられている。もしそうであるならば、人は自分の情報選択の癖を知らない、ということになります。いったん集めた情報をどのように解釈し、目的に合わせて利用するかを意識することは出来る。そこは現代人の得意分野です。しかし、前提となる情報の選択の仕方が、どのような目的によってなされているかを知らない。ここに一つの限界と突破口があります。
 例えば、もし無意識の目的が「自己防衛」に設定されているとすれば、「自己防衛」に必要な情報だけを無意識に拾うことになります。しかし意識では「積極的でありたい」あるいは「攻めていきたい」と考えているとします。すると集めた情報が保守的で消極的な情報ばかりなので、思うような結果が出せなくなります。なぜか物事が上手く行かない時は、このような現象が起こっているときだと考えられます。
 この「選択の恣意性」という考え方は、「無意識の目的」という前提を浮き彫りにします。つまり「無意識の目的(気持ち)を正当化するよう情報を拾う」、あるいは「無意識の感情にそぐわない情報は遮断する」ということです。こうなるとその設定から一歩も出ることができない。自分の中の「うかがい知れぬ何者か」が選んだ世界に住み続けるしかない。その中での選択を自由といい、行為を努力と呼ぶことになる。「自らの檻」という比喩はまさに「無意識の檻」のこと。この「檻」さえ認識できればあとは突破するだけでしょう。

AUTOPOIESIS 0022./ illustration and text by : Yasunori Koga
古賀ヤスノリのHP→『isonomia』
映画エッセイ→『Cinepheno』
ブックナビ→『本と変分』

『コウモリ』

古賀ヤスノリ イラスト

 コウモリといえば洞窟に潜む吸血動物のイメージ。アメコミでもダークヒーロのシンボルに使われています。さらにイソップでは有名な「卑怯なコウモリ」のはなしがあります。鳥と獣が戦争をしていて、どっちつかずのコウモリが有利な方に寝返りを続け、最後は両側から嫌われるという話です。最初この話は政治手法を揶揄したお話かと思いましたが、見方によっては「統合」のはなしかのかもしれないと気付きました。コウモリは哺乳類で唯一空を飛ぶことができる貴重な存在でもあります。一般からは奇妙がられる世界に、じつは真の自由への入り口がある。ということかもしれません。
 

AUTOPOIESIS 0021./ illustration and text by : Yasunori Koga
古賀ヤスノリのHP→『isonomia』
映画エッセイ→『Cinepheno』
ブックナビ→『本と変分』

Scroll to top